10/9(水)フクロウ鳴く ダウカス・シード採花 オルラヤ。台風対策の採花。

■2019年10月9日(水)曇り 寒い 風有り

 午前4時よりヘッドライト装着しダウカス・シードの採花2日目。屋根ビニルを保持するパイプハウスだが、屋根がとばされて花が雨にあたるとだめになるので、昨日の未明から採花を続けている。午後5時、集落東の「おあたごさま」近くで、ボーホン(フクロウ)が10分間ほど鳴いた。まだ暗い。5時30分にはヘッドライトを外して、通常の採花。80cm30本を5箱分、6時まで採花しエルフにて出荷。
 今朝は草花中心で30箱。


 その後、継続してダウカス・キャロータのシード(種子)を採花。
 同じハウスのグリーンミスト、アミビスナガ・カサブランカ、オルラヤ・ホワイトフィンチ、セリ科4種を採花。

 晴れていく予定なので夕方は敏章兄の稲刈りしたワラをもらう予定(からむし畑で使用)。

 11時に来客2名がある。

 午後はすべてのカスミソウ採花終了したので、ハウス屋根を乾かしてから剥がす。


■そういえば1週間ほど前の朝、家前の橋を歩いていると、上流側からカワガラスが3羽、鳴きながら下流に飛去した。いつもは1羽がおおむね上流側に鳴きながら向かうのだが、3羽みたのは60年間で無かったことだ。
 当歳鳥(今年産まれた鳥)であろうか?


■ → 10月19日、歴博。


オルラヤ・ホワイトフィンチ



ダウカス・シード80cm

右の1棟は草花ハウスで保持する

たぶん今日の晴で刈る水田
コンバイン


---------

ダウカス・シード

ダウカス・キャロータは開花時に
中心に黒っぽい「花?」が数個だけ咲く。
これはすぐに消滅してしまう