10/8(火)カスミソウ採花今期完了。 今後は雨。ユーカリ採花、キイチゴ葉採花最終

■2019年10月8日(火)雨に

 午前、来客2名あり。ちょうど雨が止んだときでよかった。おいしいクッキーをいただきました。

 その後、岩下圃場のユーカリ2種(ポリアンセモスとスターツチアナ)を切り水(バケツ水に1本切っては茎元から水に入れる)。まだ降雨にならないのでキイチゴ(葉)瑞穂の幸の最終分を採花。洋種ヤマゴボウも最終採花。


 露地草花では、オミナエシ、フェンネル、キイチゴ(瑞穂の幸)、洋種ヤマゴボウが終了。
 ダウカス・シード、グリーンミストは極小量が残り、露地のユーカリ13種が今後採花を進めるもの。
 エルフバケツは先週に最終出荷分として200組を購入したが、足りなくなりそうだ。

 カスミソウは明日の朝出荷分で終了。ハウスは晴れ間をみて屋根をはずす(台風被害防止のため)。


■集落周囲は紅葉になりつつある。ブナは黄葉に。





ユーカリ15cm3条植え
左よりグニー・ロブスター(赤い)・ポリアンセモス・スターツチアナ
端から全刈り方式で進む。

切り水して作業場に
水あげしたものから長さを揃え葉採り結束(調整作業)


手作りクッキー
おいしく いだたいています。
--------
■千葉の歴博より19日のレジュメの印刷ゲラ(校正)が届く。チェックし返信する。




■国産花き日持ち性向上推進協議会 事務局の松島義幸さんから10月11日午後2時からの会議次第がメールにて届いた。都内・法政大学新一口坂校舎 302教室。その次は12月4日に開催される予定。

 日持ちセミナーも10月16-17日は高知、11月は12日が青森、15日が京都と確定している。


グラミネ、、、、黒穂きび
穂の長さ3cmほどが好まれる。


--------

■ → 2019年上半期で、花と青果の卸売会社は三分の一が営業赤字で折り返していると思われる