7/14(土)梅雨明け、季咲かすみ草の最盛期、早朝・深夜営業。

■2018年7月14日(土)晴れ、高温。梅雨明け。

 5月5日植えのエクセレンス・銀河の採花。白で10箱超。8月8日に来村される種苗会社(コロンビアから)の日程調整。明日に確定される(北海道→会津→東京)。立川幸一さんにも連絡してみたが、ちょうど盆前の繁忙期で、たぶん参加は無理、とのこと(21時)。


 夕方より19時まで採花。その、かすみ草の調整が終了22時。それを染めているので、染色液からの引き上げ・梱包は23~24時。出荷開始3週間。

 また明日も早朝4時に起きて、出庫。すぐに採花のため高畑へ。
 フォレストの越冬株(季咲き)のピーク。全量、染めている。YBのaセットが10~12箱毎回来ている。21日(土)のYB郡山横塚店フェアの染めの指示書ファクスも届いた。担当は10箱(RB、G、P)。

 15日(日)は、川流(左)にポットピンチ苗を最終定植(かすみ草晩生種フォレスト)。
 いま採花中の越冬株フォレストは、肥料不足(水不足)の場所はLサイズ、黄色系の茎。一方、適正肥料・水の場所は130cmほど伸び、枝も伸びている。異なる品種に思えるほどの違い。越冬株も肥培管理(灌水)が重要。

  4日目となる現地審査は三島町(川井・大石田・名入)、これまで柳津町(大成沢3,琵琶首4)昭和村(奈良布2、大岐3)の出荷者の午前8時30分~10時まで作業中の作業場を確認している。課題については農協担当と連絡をして是正を助言。15件終了(2017年実施を除き、60軒訪問予定)。




柳沢峠、国有林林道工事がはじまる看板設置

マルチ掛け、穴開け、そこに灌水をして
定植準備

今季最後の畝立て 管理器

越冬株フォレストの最盛期。
川流(中)圃場



カスミソウ晩生種のフォレストは、染色容易。
現在30分~60分で染め上がる。
湿度70%


室温25℃から徐々に低下(18℃)。

染料はパレス化学のSTS前処理剤の
ハイフローラかすみ染色剤(1倍液)

染め上がり後、
クリザールSCにおい抑制前処理剤30倍液に