7/31(火)湯田さんのメガクール被覆材

■2018年7月31日(火)晴れ

 早朝採花、大田下杉1号棟のかすみ草銀河ウェイ。3色に染める(80cm)。角畑2号棟のスターマインも同じ。新植2種。

 午後2時30分、田島田部の湯田浩仁さんのトルコギキョウの圃場へ。秋のMPSの行事の打ち合わせ。
 圃場にはくすんだ黄色の遮光資材と、白い遮光資材がハウス屋根に被覆してあった。聞くと、メガクール(黄色のもの)で50mハウス1枚で7万円する、という。気温計測すると一般被覆材よりも、マイナス4度になる、という。白のものも被覆してある。一般に35%、、、という。

 → メガクール遮光資材


■夕方、家向3棟にフラワーネット伸展のためパイプ支柱をハンマーで打ち込む。株草の引き抜き。



----------
会津田島 トルコギキョウ栽培ハウス





メガクール被覆 50m


左は白、右がメガクール




ハウス内の腰部の散水・灌水チューブ(地温低下用、ダニ予防)




---------------
■兵庫県生花の藤原会長と電話で懇談した。

■午前、沼越の鈴木和彦さんが来岐された。



田島の ジーママ








夕方、ラジオに雷のノイズが入ったので発雷。
レーダーでみると須賀川から白河、県南部山岳で発雷。
夕方には地震もあった。




大岐のカラムシ

水に浸す。剥ぐ。皮を水に浸す。

水。




7/30(土)晴れ 柳津町西山地区 昭和村大芦地区

■現地審査余録







久保田地区 かすみ草圃場
スターマイン・ベールスター栽培




柳津町大嶺地区

山の崩れが気になる(滝谷の堂岩崩れ由来か?)


滝谷方面

飯豊山

-------------
昭和村大芦

公開圃場となった
からむし畑

からむし畑 (吉三さん)




7/31(火)暑い、旱魃の七月。

■2018年7月31日(火)

 昨夜、30日(月)の販売結果のファクスが農協から届いた。月末の相場(市況)・仕入れは、支払いの関係から軟化する。8月盆の需要期を控え、5月・6月定植のかすみ草も前進開花しており、1975箱。8月1日(水)は1624箱の見込み。
 30日(月)は、これまで秀2L80cmで200円台のかすみ草が、1割程度下がり170円台に。一方、65cm2Sは安定価格の40円台。短茎開花のため、60cmMサイズが出始まっている。ほぼ新植になっている。

 アルタイル970箱(凜+75)
 ベールスター266(+17)
 スターマイン258
 フォレスト182
 染めカスミ98
 ホワイトビクトリア32
 銀河13
 ティアラ(D1)試作越冬株10
 T2試作越冬株  7
 ファンタイム6
 エクセレンス3
 プチパール1


■7月30日、午前8~10、午後2時、日持ちの関係の現地審査6名宅作業場を訪問(7月3日から56名)。訪問生産者宛のメモを3枚、農協出荷担当宛て転送依頼。
 これでひととおり終了となる。8月は、まだ出荷がはじまっていない生産者は、出荷開始時に、そのつど行う。

■8月2日(木)午前9時、カネコ種苗の徳弘さんが試作カスミ草の調査のため来岐。私は通院日でそのまま会津盆地へ。午後1~6ヶ月点検(自動車)。作業場にエアコン取り付け日。3日は歯科通院。6日も通院日。

 かすみ草の圃場のうねにフラワーネットを張る作業が遅れている。株間の草むしり、、、も残っているが、まずは採花優先で出荷作業、、、、灌水作業もしなければならない。
 昨夕は大田圃場の越冬株のティアラ・T2を採花した。ヒグラシの鳴き声がこだまし、メジロの大群に追われ、帰る。河川近くの圃場は、、、日中でないと近づけない。


 採花・調整・出荷しながら、→ かすみ草への みずやり(灌水)が主たる仕事に   →前進開花


■8月8日(水)午前10時、昭和村役場をセレクタ社の日本法人の小縣信也氏(6月就任)と、同社の南米コロンビアのフェリペ・ゴメス Felipe Gomez(プロダクトマネージャー)が表敬訪問する。その後、村内かすみ草圃場を視察されることが確定した。フクカエン種苗の松永亮氏同行。
 昭和村花き振興協議会事務局の役場産業係長に時間帯等調整をお願いした。
 セレクタ社は、かすみ草新種の銀河・銀河ウェイ・プチパール等を育成販売している。昨年6月30日に同社切花の代表(バルセロナ)のジョルディ氏が昭和村公民館で講演されている。 → 2017年6月30日の記事



■東京の松島義幸さんから電話があり、夕方にメール添付でワードファイルが1枚届く。列島各地(約10カ所予定)で8月~12月、セミナーを開催する。その日程・講師案。会津地区では会津坂下を予定地として秋の開催を。品質管理認証にとりくんでいる地域での開催。都合の悪い日程等を返信した。


■7月30日午後、父を会津盆地の病院に。


柳津町久保田


久保田 美しい水田
遠望の山は博士山と思われる






大嶺→石神 南西方向の山塊(滝谷等)


カラーの帯

柳津町大成沢 オアタゴサマ 春に伐採





7/30(月)晴れ アカショウビンの朝、かすみ草銀河ウェイの採花

■2018年7月30日(月)晴れ

 午前4時、薄暗いが、集落の西手樹冠からアカショウビンの鳴き声が盛んに聞こえる。明るくなると止める。肌寒く15℃くらい。陽光が出ると22℃に。

 大田(下の杉1号棟)のかすみ草銀河ウェイの採花。すぐに帰り、葉取り・調整・染色のための準備。80cm30本で5箱分。
 
 今日は午前8時15分~10時、境ノ沢・下中津川・大芦。午後2時、柳津町久保田地区。

 
■ 7月末、会津盆地でもかすみ草定植。熊本県等では8月上旬が定植開始となるが、今回の台風12号の停滞区域になる。 → 立川幸一さん


国道401号 博士峠 会津美里町側 工事









---
7/30 午前4時30分 銀河ウェイ

採花前



採花後

陽光は博士山から
写真中央は志津倉山