6/27(水)★サイズ草丈。コスモスの播種、低気圧通過(未明の雨)銀河・シュガー・T2

■2018年6月27日(水)曇り

 未明に通り雨があったようだ。少し屋根が濡れている。降らない年は、うまく雲が当地を避けており、降らない。過去にも何度も経験した。
 我が家は露地雨除け栽培で、定植後は雨水(天水)にまかせた栽培体系で、無水の年なので5月後半から1ヶ月間、かん水作業が毎日の主要ないとなみになっている。
 ハウス栽培をしている生産者(特に伸びにくいアルタイル)は、かん水を前提としてかんすいチューブを敷設し大量の水をほどこしているので、7月中下旬からの草丈差がかなり出る。80cmが2L、70cmがL。このような年は定植してから30日間の生育に留意(つまり、かん水作業を毎日のように、、、)しないと、60cmのMサイズにしか生育しない。越冬株(季咲)は、前年の根があるため100cmを超えるが、新植については草丈70cmを確保することがかなり、人為的な労力が必要になる。
 価格面でも80cm200円、70cm150円と1本あたり50円の差がでる。1600本出荷したとして、80cmだと32万円、70cmだと24万円にしかならない。規格が10cm下がるだけで販売額が25%下落する。
 越冬株の出荷が終了する7月下旬から、このような状況で、80cmが70cm主体となると出荷箱数が3割減るため、一年で最大の需要期である8月盆前のみ高単価が続き、8月下旬~9月は価格が採算割れ単価となる。
 そのため、生産者は7月下旬から8月中旬までに大量に開花・出荷できるように作付けをしている。我が家も、摘芯を前倒しして、この時期に多く出るようにしている。
 2016年の8月末~9月中旬まで過去30年間では経験したことのない安値が長期間続いた。これは8月盆前(8月上旬)の高値の反動と、出荷がこの時期に集中したために発生した。9月上旬は安値が続くため、どのような対応(染色やかすみ草フェア)をとるかが大切になる。しかし7月下旬から盆前の高値継続により、通常、安値を展望することが難しくなる。


 『広報しょうわ』7月1日号の校正PDFが来たので、半年を8か月と訂正し返送した。8月1日号の原稿についてもプロットを構想し書かなければならない。『広報みしま』については当方の15回(集落誌調査、1集落3回で5集落)執筆が終了した。第1回配本の『三島町史 近世資料編』が発刊となっている。山びこでの荒屋敷遺跡展もあと数日になっている(重文になり、主要なものは県博に保管を委託しており、今後はなかなか実見できなくなる)。


■6月26日は9月中旬採穂用のススキ、タカノハススキ(栽培種)を全刈して再萌芽、ちょうどよい長さ(規格110cmに葉3枚と穂が入る)になる予定だが、降雨がない夏である。

■6月27日には営利栽培の切花コスモス3種を、岩下(上)に3種、各1デシリットル播く(7うね)。昨年もこの時期から3回(6/24-29-7/)にわけて播種し9月6日から開花・出荷している。
 ベルサイユ・ピコティ・ダブルクリック。
コスモス
ダブルクリック


■27日に営業試作のかすみ草プラグ苗が到着する。我が家では最終定植となる(ミヨシの1種試作のみ7月中旬に到着する)。27日午前は、6月3日ポット仮植苗定植した大田杉棟の銀河ウェイのフラワーネット張り。


大田杉1号棟

銀河ウェイ(セレクタ・フクカエン)
5月9日プラグ苗着。摘芯しポット仮植
(管理ポット)
6月3日 仮植苗定植
6月28日 草丈15cm
1株あたり4本
6/28フラワーネット張り
8月1日開花見込




■6月28日の夕方、会津若松市。中国語会話教室の総会のため出席する。繁忙期になり5月からの出席は長期休としている。

■6月29日午後3時、昭和村野尻中向の集荷所(ゆきむろ)で、本年はじめての目揃え会。昨年からの新規栽培者等は必ず出席、、、規格・切り前(開花状態)等の数字では見えない感覚を共有化する。立川幸一部会長が担当される。

■6月29日午前は、村の文化財講習会。午後は上京。農文協から生活工芸双書『からむし(苧)』が出版される予定日。7月7日のハナキチでの講座の打ち合わせ。
 午後5時~6時、青山フラワーマーケット仙川店訪問し店頭調査(先行し、かすみ草フェア)。青山FMでは7月1日から首都圏全70店でかすみ草フェア(3年目)の予定。





岩下のウルシ(自生のやまうるし)
今年の実はすごい量

ごんぼっぱ(栽培)




志津倉山南壁


フェンネル

グリーンミストの発芽
二葉の次に、本葉が出る

5/28プラグ直接定植
ミヨシ試作SL05-8 シュガー
斜め植え。
発芽力はきわめて旺盛な品種
1株あたり7本程度、新芽が根元より出る。
6/27 摘芯。

5/28プラグ苗直接定植した
ミヨシ試作2年目のT2。
6/27摘芯。

芽は株元から6本以上出ている。

---
■からむしの繊維をつなぎ布に → 機織りの記録



6/27出荷のかすみ草KB20染め。