6/29発売予定、農文協・生活工芸双書『からむし(苧)』菅家博昭著

■2018年6月21日(木)午前曇り・午後晴

 午前8時30分、三島町川井の花の集荷所。

 その後、「山びこ」で荒屋敷遺跡展。

 昼にファーマーズカフェ大芦家で、フクカエン種苗松永氏と待ち合わせ、大岐の切花圃場巡回(マグネット、銀河、グリーンミスト、ユーカリ、フェンネル等)。松永氏は、猪苗代経由(農協カラー部会)で関東地方へ。明日都内卸を見て名古屋に帰る、ということでした。

 昼に到着したプラグ苗を、ポット仮植。晩生品種のフォレスト(スミカ)。その後、17時よりKB20採花。朝採って染めた花KB20は6箱分(25本、各5本5色)を雪室に搬入(ヨーコさん)。染色したかすみ草を19時過ぎに、エルフバケット装。

■ 6月29日発売予定です。写真の小林政一さん(中向 P美女峠)から電話がある。『ふるさと通信』に紹介したいので、詳細を、と。→ 農文協 生活工芸双書『からむし(苧)』




■ 月刊誌『農耕と園芸』編集部の黒田麻紀編集長より、4ヶ月1回の原稿締切の連絡。明日未明に執筆する。