6/19(火)早朝、かすみ草KB20、2回目の採花。大阪地震6/18

■2018年6月19日(火)

 早朝よりかすみ草KB20の2回目の採花作業。かすみ草へのかん水作業の継続(雨が降らない、、、、)。午後は試作苗の定植等。共有地山の手続き文書作成(夕方~夜)。

 ---

 昨日(6月18日)午前7時58分、大阪北部で大きな地震が発生した。初出荷のかすみ草の入ったエルフバケット4個を軽トラックの幌内荷台に積んで(気温13度)、柳沢峠の川谷沼のところでカーラジオ(1395RFC、8時からの森本番組内の健康に関する説明のなかで速報)で大阪で震度6の地震の初報を聴いた。NHK関東(594)に切替、地震の様子を聞きながら、野尻中向の集荷所に向かった。大岐から20分かかる。

 終日、交通関係が混乱した。花の卸売市場に集まる人々への影響が出てくる。関西地区の市場に荷物を送れない場合、関東地方(特に東京の中央卸)に今週は全国から荷が集中し、安値基調のところがさらに大きくバランスが崩れ暴落する。
 関西の卸等のウェブサイト、FB等を見ても、地震関連、営業状況等についての記載がまだ無い。

 秀吉の時代の慶長年間の伏見地震以来の大阪北部の地震と聞いて、慶長年間の会津地震もあり、会津での地震発生が近いのかと考えた(活断層)。




 今日、都内でJFMA総会が開催されるが、関西地区からの参加者は無くなり、運営もたいへんだと推察される(私は地域行事のため上京できないため、今回は事前に欠席連絡をしている)。

  6月18日(月)の農協からの花の販売試供連絡ファクスでは、関東・中京までの12社出荷とあり、数量が少ないため関西地区以西にはまだ出荷がはじまっていない。
 295箱(アルタイル143、ベールスター125、マリーベール12、その他)。FAJ69・板橋28・オークネット23・第一24・TFP20・世田谷17・南関東24・多摩11・横浜6・浜松7・名港FB52・名古屋花き14。

 会津盆地圃場の開花の生産者4名に加え、18日販売分から三島町名入の陽二さんのマリーベール出荷がはじまり、20日(水)販売分から昭和村下中津川の幸一郎さんの新植エクセレンス、大岐の当方のKB20の染めかすみ草の出荷となり7名の生産者の出荷となっている。



2016年の出荷傾向に似ている

2015≒2017

2018≒2016


■6月20日(水)午後3時 田島田部の土っ子田島ファームにて、会津MPS連絡会(圃場視察・松永氏講演・懇親会)。20名。

■22日午後、群馬県伊勢崎市のカネコ種苗訪問。




5月23日、プラグ苗をそのまま、斜めに定植。
スターマイン。6月18日、定植後26日経過。
かん水は週1回。
地際部から多数の芽が出ている。
近日、中心の芽を摘芯(ピンチ)する。






6/18



6月18日(月)午前8時30分 中向集荷所(雪室第4)
エルフバケットでの出荷は、開花状態等、ひと目で分かり、
生産地の品質をあげる(見える出荷のため相互牽制がはたらく)

-----------
■千葉県の青木園芸のプロモーション。京都生花(卸)のウェブサイトのトップページに掲載されている。青木園芸は農場公開を取引先卸向けに年1回開催している(オープンデー)。