6/11(月)雨降らない台風5号、、、10日間の、かすみ草出荷の状況

■2018年6月11日(月)台風5号、霧雨

 雨にならない雨の1日となった。台風5号は北上し夕方に霧雨程度で、作物の足しになるような雨量は無い。霧吹きで植物をぬらした程度である。

 早朝より会津若松市内に検査通院のため病院へ。午前7時20分受付(番号札)で5番で受付は8時開始、採血検査6番で開始は8時30分、、、診察は9時からで、10番。


かすみ草の脇芽
圃場外へ搬出。


 家人はかすみ草マイピンク、越冬株の脇芽欠きを終了した。大田の試作T2・ホワイトウィッシュの半棟(野ネズミ食害)の整理を残す。

 明日からの宮崎県高千穂町の関係者と電話・メールで詳細な日程を打ち合わせた。




---

■病院からの帰路、自動車で移動しながら、NHKラジオを聞いた。この人の話はとてもよかった。→ ちょんまげ支援隊の角田寛和さん




■我が家のかすみ草は来週から小量出荷の予定だが、かすみ草部会では会津盆地の圃場を経営する3~4名の生産者が出荷が開始となっている。

かすみ草の出荷は6月1日から始まっているが、
曇天で、出荷量は思ったよりも伸びていない。
昨年から比べれば2倍量、88箱だが、
一昨年と比較しても少ない。
6月13日(水)販売数は118箱の予定。
価格は80cm2Lが200円台、
65cm枝が50円台で、
高値で安定している。

6月11日(月)
アルタイル44箱、
ベールスター37箱、
染めかすみ5箱等。


会津美里本郷圃場 → 立川幸一さんのブログ



ことし2018年は、
2016年(茶色線)と同じ推移に見える


現状でみれば、一昨年と同じような推移に見える
----


タデアイ


マイピンク越冬株 芽欠き

手前右の短いかすみ草は 緑色の花のかすみ草新種・アマゾネス越冬株。
晩晩生品種でなかなか伸びない
2017年より試験栽培(北海道・天草・昭和等)

----
■2018年6月20日、会津MPS連絡会田島ファームにて。14日現在の申し込み者。

 湯田浩仁氏・江美氏・フクカエン松永氏・室井崇氏・菅家博昭・菅家洋子・ 全日程 6名

 渡部亮平氏(夜欠)・浩史氏(夜欠)・OM氏(夜欠)・郡山I氏(視察のみ)・佐藤太氏(夜欠) 5名。