5/8(火)かすみ草マイピンク(自然八重ピンク)

■2018年5月8日(火)曇り、寒い

 午前9時、歯科。柳沢峠往復。

 午前は、寒く曇り。時折風吹く。
 定植したかすみ草に、ジョーロで、多木有機液肥500倍を手かん水。角畑下1(15cm)、角畑上2。
 マイピンク越冬株には、同じく液肥手かん水。草丈10cm。しゅっとした細長い剣葉。

 定植をした植え穴マルチからハグサとスベリヒユが発芽してきた(角下1)。植え穴の草抜き除草が必要。もみ殻クンタンを株元に置いているので、草の出は少ない。
 越冬株通路の草も10cmほど伸びるので、草掻きで対応する。
 
 
■今朝ファクス配信した「かすみ草ニュース5月8日」は、品種別特性によるかすみ草の春の管理の違い。

■ → ツイッター(菅家博昭)

■大田花き磯村信夫社長5月7日コラム → ハーバリウム、シャンペトル風の花束、ドライフラワーになる素材が人気となり、新しい花屋さんが目立つようになってきた

スベリヒユ と ハグサ

マイピンク越冬株
草丈10cm
芽整理時期。
本数を減数する
2018年5月8日 日本農業新聞
松山誠さんのFBより転載