5/20(日)晴れ、「からむし焼き」終える

■2018年5月20日(日)晴れ

 前日に「カッタテ」しておいた圃場の上に、
 午後、1時30分、昨年刈り取って土蔵の軒下で乾燥させておいたボーガヤ(ススキ)を敷いて、
 午後3時に風下の傾斜上隅に火を付け、下に焼いた。30分で焼き終わる。ハルゼミが盛んに鳴く。そして今年はじめてのホトトギスの鳴き声を聞く。
 灌水。施肥。敷き藁。5時30分終了。2人役。

  → 大芦のからむし焼き5月21日





防火トタンをまわした

焼いた灰が飛ばないように水を散水


からむし草丈15cm 焼く




動力噴霧器で散水(灌水)

施肥後、カサワラ(湿ったイナワラ)を敷く