5/15(火)晴れ、ハルゼミ鳴く、カラムシの霜害

■2018年5月15日(火)晴れ

 朝の作業から大田(下)圃場のかすみ草栽培用の雨除けハウス建て。

 午前7時47分、高畑でハルゼミ鳴き出す。

 12日に植えた馬鈴薯(じゃがいも)。11日の降霜で被害にあったからむしの芽、黒くなって凍害。13日に父は2度目のゼンメ採りに背戸へ。その干し方がはじまる。

 朝仕事を終え、家(母屋)に来たとき、照子姉が歩いて来た。16日午後のかすみ草部会全体会・市場会議は、愛子姉の自動車に同乗して参加するが、夜の懇親会は欠席する、という。私は、夜のみ参加する、と話した。

 昨日も2回、中向の猪股一朗さんから電話があった。かすみ草苗(スターマイン)のポット仮植苗の1割が病気で枯れ始めた、という。金山普及所の小林祐一氏に来てもらい対応策をお願いして、待っている、という。
 小林氏からも見たてについて電話があった。散布する植物保護剤について農協昭和支店に照会したが在庫が無いという。

■午後12時30分まで、今年のハウス建てを終える。午後は田島・湯田氏宅作業場。

 


霜にあったからむしの芽(標高730m)
5月11日朝 零下で凍結し、黒変(壊死)。

5月13日(日)のゼンメ(朝)


午後2時

---


最初に採ったものは乾燥終わり
5月10日採り、干し3~4日。

コナラの葉展開

左上がブナ
右半分がコナラ
森の色が違う


ブナの中にコナラ・ミズナラが点在(淡い緑)

馬鈴薯 計6畝
5月15日まで播く。





-----------------


新潟県十日町市中条
ゼンマイ干し・モミ