4/28(土)三島町のかすみ草生育調査(圃場巡回)

■2018年4月28日(土)晴れ

 今日のかすみ草1棟定植後、青の不織布パオパオをフラワーネット展開上より被覆した(乾燥防止・防寒・日よけ)。
 午後、三島町のかすみ草生育調査・圃場巡回を行った。
 名入の五十嵐陽二さんの雪下越冬株のかすみ草(アルタイル、マリーベール)は順調で、草丈50cm以上となり花芽分化も終了した。6月中旬には開花出荷見込み。陽二さんによれば、今年は野ネズミ被害は少なかったこと、アルタイルは雪融け後、すぐにハウスをビニル被覆すると発芽率が高まる。3カ所とも良く出ている(ベールスター含む)。今後、仕立て本数の制限(芽整理)をするとのことであった。

 川井の角田亀好さんの雪下越冬株のかすみ草アルタイル、ベールスターは10cm前後で、芽整理を行っていた。今年は雪下越冬株についてはフラワーネット(倒伏防止)は展開しない、ようだ。また角田さん圃場では秋に殺鼠を行ったが(落水型)この春の野ネズミ被害が多く、農協宛1000本ほどかすみ草苗を追加注文する、と言っていた。

 今後、三島町役場・農協三島支店と相談して5月8日から11日の間ころ、圃場巡回(全員の全部の圃場を周り生育調査をする、所用時間2時間程度)。役場・農協とも担当者が新しくなり(本名おさむ氏・五十嵐氏)、圃場位置を知ってもらうため。6月にも圃場巡回し、初出荷時に全員で集まる予定。三島町では耕種的防除用の赤い防虫ネット、通路マット等の助成を継続して今年も行っている。

 
■4月29日(日)は、父が朝6時~の村の共同作業に出役する。私は、川流圃場のハウスのビニル被覆等を朝5時より行う。


三島町川井 角田さん圃場

ベールスター(かすみ草)越冬株

三島町名入 五十嵐陽二さん圃場

マリーベール、花芽分化終了(ウェーブ)

30~60cmに生育
----------------
大岐 角畑KB20定植後、
植え穴にもみ殻クンタン



不織布パオパオで被覆
2週間程度