4/30(月)タネヤの物語(息の跡)上映会へ、スミカ試作種FG越冬率

■2018年4月30日(月)

 昨日午後、体調を悪くしたので、今日一日は休むこととした。
 室内で洋子さんのハタマキ(2本目)を手伝う(予定)。
 午後に会津若松市内の福島県立博物館で『息の跡』93分という記録映画上映会があるので、それを見る(予定)。





------

下中津川在住、小野川出身の方が運営。
これまでからむし織りの里・苧麻庵勤務。
木曜・土曜が休業

4月29日、日本農業新聞 農村学教室

地域おこし協力

---------
■ → 「経営意欲低い」に林業者反発 林野庁の資料修正に波紋 2018年04月26日 日本農業新聞

 → 林野庁問題の記事集成 「現状維持」を「意欲低い」と結果改ざん  森林経営管理法案の問題点

----



大畑oh-hatake の自然ピンク八重咲きのかすみ草
マイピンクも発芽。
野ネズミ食害20%
発芽率100%



スミカ試作種
FG532、535とも 発芽。
野ネズミ食害20%
残存株の発芽率100%

下FG534 発芽。内容同じ。


 
晩生種 フォレスト 発芽
この川流(中)圃場の野ネズミ食害率は10%で、
通常は食害がほとんど見られない。
しかし別な圃場ではフォレストの食害率70%で利用できないところがある。

残存株の発芽率(越冬率と考えてもよい)100%
理由は根が深く張っていること。
植物質に野ネズミ忌避物質を含むと考えられている。

現在の主流のアルタイル・ベールスター等の国内育成の早生系品種は、
浅根で、地上に近い部分にしか根が無いため、
晩秋の降霜、降雪で枯死し春に発芽しない。
それを防止するため、小野川地区の渡部忠雄氏は、
晩秋にアルタイル等の株うえに不織布パオパオべたがけして、
越冬率の効果を高めている。
雪下になるが、春の融雪後の乾燥や凍害も防止していると考えられる。