4/21(土)民映研・姫田忠義作品 新潟県十日町上映会(松代郷土資料館)、サンデル先生の昭和村カスミソウ産業への懸念

■2018年4月21日(土)

 本日午後2時より、新潟県十日町市松代郷土資料館で、『茂庭の焼畑』(福島市・40分、1992年)、『西米良の焼畑』(宮崎県・43分、1985年)が開催される。
 次回は5月12日(土)『奈良田の焼畑』(山梨県・34分、1986年)、『竹の焼畑』(鹿児島県・50分、2001年)。
 
 奥会津昭和村(旧・大沼郡野尻組)では、近世(江戸時代)より現在も、からむし(苧麻・青苧)の畑を焼く「からむし焼き」が行われている。はたして、これは焼畑なのか?を考える日本国内での基層文化を検証する4つのドキュメンタリー記録映画を観る。

 会津より新潟市経由(只見町からの六十里越は冬季閉鎖)で、十日町市。そして松代(まつだい)に行く。
 昭和村ではからむし工芸博物館の学芸員が昨年3月末で不在となり、昨年・本年と企画展が行われない状態になっている。また実現不可能なからむしの産業化への経費傾注のため、充分な文化予算(特に人員配置、役場職員を博物館に配置すべき)が確保されていない。
 以下の会津地域でも基層文化を「資源化」するプロジェクトが行われている。ちいさな資料館・博物館が調査・研究した小規模基層文化プロジェクトが、地域の将来への投資になる。奥会津博物館の「南郷館」(旧・南郷村界)では、新しくこれまで調査した渡部南嶽のコーナーを新設する(本館での企画展は終了)。




---------
南会津町の奥会津博物館
4月28日より
奥会津の豪商・細井家の300年



-----
福島県立博物館(会津若松市)
技と祈りの建築文化史
匠のふるさと会津
4月28日~



----------
■新潟県 魚沼 → 花き組合創立70周年。昭和23年にはもう組合が出来ていた。「 宝物のような値段の種を買って栽培が始まった 」 

 → 夢つないで百年産地へ。『ユリで、思いを、伝えたい』

-----
 
■花き市場経由での切り花価格の低迷は、構造の大きな変化から来ている。ほとんどの卸が経営赤字になっている。

 大田花き 磯村信夫社長のコラムより(4月16日) → 現在の花の安値には三つの理由がある。全国レベルでは、閉店した花屋さん分の売場面積を、量販店の売場面積では補完出来ず、仏花素材を中心に、荷余りが多くなったことが一つ挙げられる。二つ目は、団塊ジュニアが消費の中心となる中、都心の一流花店が、新しくカジュアルブランドを作り、チェーン展開しているが、そこで使用される素材は、まだまだ供給量が足りない。すなわち、品目の需給のミスマッチが起こっている。三つ目は、一昨年の下半期から、生産地、輸入商、花束加工業者、大手業務店等が、卸・仲卸を抜いて直接取引をしたことだ。この結果、実需者に価格競争で売りに走り、市場価格が滅茶苦茶になることがあった

 
■アメリカのアリゾナ州立大学のサンデラ先生が来岐されて、考古学・文化人類学が専門だが、議論したのは日本の産業構造論である。
 オランダ生まれの先生は、オランダの花き事情・品質管理にも詳しく、現在のオランダが世界各地に航空機で花を輸送していることの地球環境問題への懸念を、熱っぽく語られた。不明な専門的な言葉(英語)は、地球研の阿部健一先生に通訳していただいた。サンデラ先生は「日本は輸送をモーダルシフトしていかなければだめだ。あなたは花の輸送をどのように考えているのか?」と質問された。
 かつて昭和花き研究会時代に、福岡花市場(福岡市)への輸送で、クールコンテナ輸送(JR)でモーダルシフトの試験を何度か行っている、と回答した。
 また現在の沖縄から本土への菊類輸送が、海上クールコンテナ輸送になっている点、オランダもアフリカ・中南米からの輸送については海上クールコンテナ(0.5℃)で30日間かけている等のことを説明した。
 日本でもMPS(花のパスポート)、切り花品質管理認証がはじまっていること、、、、等々環境配慮について政府の取組についても説明した。

 昭和村大岐に滞在した2時間、サンデラ先生は質問を続けた。特にコスト問題と持続性。

 → 2016年12月15日、京都市内で初見




サンデル・ファン・デ・ル-(Sander E. van der Leeuw)教授と
奥様のアニック・クーダート(Anick Coudart)教授

 サンデルさんは、シリアやフィリピンなどで考古学的発掘調査の成果を民族誌とつないで人間と環境変化の研究を行ってこられた。現在は、同大学のグローバル研究学部の学部長を務め、人類の環境への適応や社会変化などを研究するための文理融合的な研究機関の創設に関わってこられたとのこと。アニックさんはパプアニューギニアで人類学的調査を行い、現在は同大学の非常勤講師として人類学を教えている。
(2013年みんぱく記事より引用)