12月31日(日)秀吉の奥羽仕置で、会津領の知行基準は、なぜ永楽銭か?

■2017年12月31日(日) 曇り

 明日は2018年1月1日、午前10時、大岐センターで地区の年始会があり出席する。

 30日に宅配便で田島田部(南会津町)の湯田浩仁さんの手打ち蕎麦が届き、31日はそれを茹でて、ざるそばとして食べる。
 
 
■2017年6月刊の桜井英治『交換・権力・文化』(みすず書房)の、「第5章 銭貨のダイナミズム 中世から近世へ」の補注5で、川戸貴史「奥羽仕置と会津の知行基準」(『史学雑誌』123篇4号、2014年)で、永楽銭、通用銭一般をさす用法を指摘した点を評価しており、それにより川戸著作を求めた。
 
 
 季刊誌『kotoba』30号(2017年12月刊、集英社)は「中世・近世史を読む」。桜井英治の4頁の記事「歴史に問いを投げかける5冊」。安田清人による構成・インタビュー)。考古学から日本中世史に向かった理由などを言っている。
   
 
 2017年3月刊行 川戸貴史『中近世日本の貨幣流通秩序』(勉誠出版)が届いた。2014年初出の論文「奥羽仕置と会津領の知行基準-「永楽銭」基準高の特質をめぐって-」が掲載されている。
 





資料批判、同時代史料と編纂ものをよく分けている。



1932年(昭和7年)
栃木県立農事試験場
苧麻(カラムシ・ラミー)栽培法

経営の基本が1町歩の面積となっている。

永原慶二の著作。
中公新書の『新・木綿以前のこと』は、誤りがあるため、増刷を止めて、
新著『苧麻(からむし)・絹・木綿の社会史』のなかに
そっくり補訂して掲載している。


湯田浩仁さん手打ちの蕎麦