6月30日(金)Jordi Caballeria Treserra -SAN かすみ草の世界、世界のかすみ草生産。講演会終える。

■2017年6月30日(金)
 
 午後3時~4時30分、昭和村公民館。昭和村花き振興協議会(立川幸一会長、役場産業係事務局・山内係長)の学習会でした。FCT-TVの取材。7月8日以降の放送になるようです。selecta cut flowers
 
 会場を移し、~6時20分、ファーマーズカフェ大芦家にて懇談会10名。講演を受けての「プチパール研究会」のミーティング。内容が深まりました。小縣さん、ポールさんの通訳。ジョルディ社長は誠実にすべて応えてくださいました。栽培されたプチパール(セレクタのかすみ草新種)を講演会場に持参された会津坂下町海老沢の佐藤充さん夫妻には感謝いたします。7月1日に佐藤夫妻のプチパールをセレクタ社の皆さんが視察されるようです。

 → 佐藤充さんFB

 → ヨーコさんの 森のかすみ草
 
 
■私 kanke は、2012年11月に欧州の花産業の個人調査で、オランダからスペインに渡り、セレクタ社のバルセロナ近郊のかすみ草生産・流通を調査していきています。その際は、リチャード氏(当日は不在)、等にお世話になり、案内は現地事務所のラモーンさん・セバスチャンさんでした。


 → 2012年11月3日 スペインのかすみ草産地訪問

→ 2012年11月 スペイン・カタルーニャ地方のかすみ草生産

 → 2012年11月 セレクタ・バルセロナ近郊

■(7月2日追記)  →2010年3月17日に初回会議

 ※2010年3月17日、MPS松島義幸さんのブログ(セレクタ社来日)

→ ジョルディ氏とは2010年10月20日に大田花きで会議。 以下再録(写真は最下段)
 

■ → 2011年6月、セレクタ社リチャード氏来村。中央花卉中谷さんの報告

■ → 2011年6月8日、9日、セレクタ社リチャード氏来村。奈良布の圃場視察。
 
ジョルディ社長。誠実な人です。
Jordi  Caballeria Treserra -SAN



 会津坂下 佐藤充さん栽培の「プチパール」


 セレクタの皆様。
ポールさん(京都在住)、小縣さん(名古屋)、ジョルディ社長(バルセロナ)


 主催者のあいさつ。
→ 立川幸一昭和村花き振興協議会会長。
進行は事務局の役場産業係山内康次係長(右)。







FCT-TV(Fukushima)
7月8日・9日のヨークベニマル会津一箕町店の
かすみ草フェアを取材してから放送される予定。
(7月8日以降の特集で放映)
 






 showa-mura,ohashi
cafe  ohashi-ya





2017年7月2日 福島民報
かすみ草生産 世界各国の現状知る
昭和で学習会
セレクタ・カットフラワーズのジョルディ社長が講演


------------------------
■(7月2日追記)

 
ジョルディ氏、セレクタ社長、リチャード氏
大田花き宍戸氏、クリザール海下展也氏


→ ジョルディ氏とは2010年10月20日に大田花きで第2回会議。 以下再録(写真は最下段)
 
 ■2010年10月20日(水)本日から、日本の首都・東京へ。
 大田市場花き部(大田花き、中央花き等)
 午後はドイツのセレクタ社と大田花きにて3月17日以来本年の取り組み結果について、懇談します。かすみ草パールシリーズ。銀河(CV405)、セレブレイション、ブロッサム。


----------------------------------
2011年6月
奥会津・昭和村奈良布の菅家博之君の銀河圃場。
深水氏、リチャード氏。




昭和村矢ノ原圃場。
工(たくみ)さん。



ファーマーズカフェ大芦家、佐藤孝雄氏。

----------------------------


          欧州のかすみ草育種会社の来村(2017年6月30日、大芦家)

 2017年6月30日(金)午後3時から、奥会津・昭和村下中津川の昭和村公民館2階研修室で、昭和村花き振興協議会(喰丸 立川幸一会長、事務局は役場産業係山内康次係長(野尻))の主催で、花の学習会が開催された。
 「世界各地のかすみ草生産国の現状と課題」スペイン・バルセロナのセレクタ・カットフラワーズのジョルディ社長Jordi Caballeria Treserraが来日講演された。通訳は名古屋の小縣信也氏(セレクタジャパン)、同行で京都のオランダ人ポールさん(セレクタジャパン)。
 講演会終了後、セレクタ社のかすみ草・プチパールを栽培している会津地域の生産者ら11名で「プチパール研究会」を開催した。場所はファーマーズカフェ大芦家で6時20分まで。店主の佐藤孝雄氏が7月1日のブログに「講演会のあと、大芦家でジョルディ社長を囲んで夕食会が開かれた。参加者は食事をしながら情報を交換。ジョルディ社長の「農家の思いが花に伝わる」という言葉が印象的だった」と書かれているが、ジョルディ社長は誠実な方で、話の含蓄も多く、カタルーニャ工科大学で農業工学を専攻された。
 2017年は日本の種苗会社のミヨシとセレクタは業務提携し、これまでセレクタのかすみ草を販売してきた名古屋のフクカエン種苗(銀河ウェイ、プチパール等扱い)と2社になる。2017年に発売されたホワイトウィッシュという新品種のかすみ草はミヨシからの納品で、5月、6月に昭和村内の試作圃場等に植え付けられた。

 ジョルディ氏には、会っていない記憶(2012年11月3日にバルセロナの同社を私は訪問したが、その時は不在であった)があったが、自分のブログ「記憶の森を歩く」を見てみると、2010年3月からセレクタ社のかすみ草の取り組みがはじまっていた。

(1)2010年3月17日、都内の大田花き(株)にて9時から14時までセレクタ社の3名との会議が行われており、そこでジョルディ氏、後に2011年6月8日に昭和村に来るリチャード氏、セレクタのドイツ本社の社長と会っていた。
 この会合は、当日の会議の通訳も兼ねたクリザールジャパンの海下展也さんから、セレクタ社が日本でかすみ草の品種を販売したいので、相談したいと言われ、この日が設定された。大田花きで行ったのは当時・昭和花き研究会の主要な出荷先市場であったため(昭和花き研究会は2014年12月に解散し農協部会に合流・現在会津よつば農協かすみ草部会)。
 大田花きの商品開発担当の福島生まれの宍戸純さんが同席された。
 セレクタ社→昭和花き研究会→大田花き(卸)→中央花卉(仲卸)で3カ年独占し生産販売を行い、新しい流れを作る、ことで合意し、品種導入・試作を行うことになる。
 その後、大きな枠組みを話し合い、同年10月20日(IFEX開催前後)に2回目の会議が開催された。
http://kanke.cocolog-nifty.com/2010/2010/03/post-e9fb.html

(2)2010年10月20日(水)午後、セレクタ社と大田花きにて3月17日以来本年の取り組み結果について、懇談。大田花き宍戸氏、販売担当松永氏、中央花卉斧田社長・中谷隆敏氏、菅家、通訳は海下氏。セレクタは3月と同じ3名。12人。
 かすみ草パールシリーズ。銀河(CV405)、セレブレイション、ブロッサムの試作結果。夏に品種の命名を依頼され海下展也さんと私で、日本名の花が無いので銀河gingaという名称提案をしたところ採用された。
 それまでセレクタ社かすみ草の日本側のパートナーは群馬県のカネコ種苗(現在スターマインというかすみ草を展開)であり、昭和花き研究会(私の岩下の圃場)としても2009年にカネコ種苗を通じてセレクタ社の新品種かすみ草CV系の試作を経験していた。
http://kanke.cocolog-nifty.com/2010/2010/10/post-cf49.html

(3)2011年6月8日(水)晴れ。3月11日は大震災、その後原発爆発。
 午後2時、セレクタ社のリチャードさん、宇都宮の深水孝明さんの運転する乗用車で来村された。大岐の境の沢圃場・奈良布圃場・岩下圃場・大田圃場、菅家育苗ハウス、矢ノ原高原、大芦家と案内しました。標高千mの博士峠を越え、会津若松市栄町のカゴタ(籠太)の2階で、会津MPS連絡会に参加しました。
 6月9日、今日の午前9~11時は下中津川の昭和村公民館で北海道から九州までの取引先卸の方々と昭和花き研究会の生産者との会合。午後はセレクタ社のリチャードさんによる講演会で参加者は協議会生産者会員全員となる。
 3年目となるセレクタ社育成品3種(銀河、セレブレイション、ブロッサム)の試作で、はじめて当人らが来村され、どのようにかすみ草を育ててほしいのか、環境を見るなかで一緒に考えた。
 リチャードさんはオランダ人、スペイン在住19年、48歳。ガーベラやカーネーションを担当し、アフリカと中南米のかすみ草産地の育成にかかわりながら、今回アジア地区(日本、韓国、中国、インド等)へ。
http://kanke.cocolog-nifty.com/2010/2011/06/post-f95d.html

(4)2012年11月 3日 (土)スペインのカタルーニャ州の花市場、カスミソウ栽培地を訪ねる。晴れのバルセロナ市内。10時より16時まで北西部のカタルーニャ州の花市場、その北の生産者2カ所でカスミソウ栽培を見た。
 セレクタ社のラモーンさん、セバスチャンさん、農家のモリナスさん、エストラーダさんにはたいへんお世話になりました。
 http://kanke.cocolog-nifty.com/2012/2012/11/post-c656.html

(5)その後、日本事務所(セレクタジャパン)が京都のポールさんの自宅となり、3カ年の独占販売が終わり、セレクタのかすみ草「銀河・銀河ウェイ」2種の生産地は和歌山・熊本・北海道に拡大し、極小輪のプチパールを発売。
 2013年10月、大岐にてプチパール開花。2014年9月、プチパール日持ち試験(東日本板橋花き)。2015年プチパール栽培(佐藤太君、集荷所勤務)。
 会津坂下町海老沢の佐藤充さんプチパール栽培(2016年)。

(6)2016年秋にフクカエン種苗の松永亮さんにより、千葉県南房総市の金井園芸(金井隆さん)にプチパールが導入され、2017年2月の関東東海花展でプチパールが入賞され脚光をあびる。春、会津若松でプチパール研究会。

(7)2017年6月、ジョルディ氏、来村。(大岐 菅家博昭記)


----------------------------

■2011年試作 奥会津昭和村大岐 標高730m

 ブロッサム5月12日苗、仮植。6月6日定植。開花8月10日(岩下上)
 銀河4月20日苗、仮植。5月19日定植。7月20日開花。